たくさんの薬

バスピンの副作用は?

瓶から出ている薬

非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬であるバスパーのジェネリック医薬品として開発されたバスピン。
有効成分はバスパーと同じでブスピロンという成分になっており、様々な不安障害を改善してくれるというのは既にご説明したかと思います。
日常生活に不安を感じている人やストレスに弱いタイプの人が服用することで、気持ちを落ち着かせて不安感を和らげてくれるバスピン。
デパスのように依存性を引き起こすこともないため、十分デパスのかわりとして使用することができるお薬です。

ですが、睡眠薬に限らず、薬というものは副作用の存在もあるので、バスピンの副作用がどうしても気になるという人も多いことでしょう。
バスピンが引き起こす可能性がある副作用は、めまいや強い眠気、むかつき、頭痛、立ちくらみなどがあります。
強い眠気が現れる可能性があるのでバスピンを服用しているときは車の運転や機械の操作はしないように注意する必要があります。
また、過剰なアレルギー反応がある人もバスピンを服用することで何らかの症状が引き起こされてしまう可能性があるので、バスピンの服用は避けましょう。
薬の成分によって効果が変動する恐れや副作用が強く出てしまう恐れがあるので他の抗不安薬や抗うつ薬との併用も避けるようにしましょう。

バスパージェネリックであるバスピンはとても頼りになりますし、デパスの代替薬としても十分活躍してくれます。
ですが、このように様々な副作用や注意点などがあるので、何か心配なことがある場合はかかりつけの医師と相談してから使用するようにしましょう。